【金目鯛】ライザップクックで鍛えた腕で作るレシピを紹介!

【金目鯛】ライザップクックで鍛えた腕で作るレシピを紹介!


真っ赤な体に、大きなおめめがチャームポイントの金目鯛。
金目鯛といえば、「THE・日本食」のイメージがある魚ですよね!

でもそんな金目鯛って、実は鯛の仲間じゃないって知ってました?

マダイやクロダイなどの鯛はスズキ目タイ科。
それに対して、金目鯛はキンメダイ目キンメダイ科の深海魚なんです。

確かに体が赤いのはマダイと一緒ですけど、他はあまり似ていないかも…。
そんな赤い体も、生きているときはそこまで赤く無くて、陸揚げされたあとしばらくすると綺麗な赤色に染まってくるそうですよ!

でも、味が美味しいのはどちらも一緒ですよね。
今日はそんな金目鯛について紹介します!

金目鯛の健康効果

金目鯛には、カルシウムと結合することで骨を強くする働きがあるリンが、お魚の中ではトップクラスで含まれています。
カルシウムと同じような働きをするとされるマグネシウムも同じくトップクラス。
金目鯛は、とっても丈夫な骨を作ってくれるお魚なんですね!

また、頭をよくしてくれることで有名なDHA、脳こうそくを防ぐ効果のあるEPAも豊富に含まれています、

ただし、妊婦さんは金目鯛を食べるのに注意が必要です!
金目鯛には微量な水銀が含まれており、厚生労働省は1週間につき一切れ(80g)までしか食べてはいけないと推奨しています。

金目鯛の煮つけのレシピ

材料

金目鯛 1匹
醤油 大さじ1
酒 大さじ2
砂糖 大さじ1
みりん 小さじ2
薬味(しょうがなど) お好み

手順

1.金目鯛の鱗、内臓、えらを取り除きます
2.お鍋で醤油、酒、砂糖、みりんと水(70ccほど)を混ぜます
3.下処理をした金目鯛を入れ、強火で10分ほど煮付けます。
4.ひと煮立ちしたら、煮汁をかけながら落し蓋をして、弱火でさらに5分ほど煮つけます。
5.お皿に盛りつけて、お好みで薬味を添えて完成です!

まとめ

金目鯛の煮つけって、自分で作れたらとっても格好いいですよね。
でもそのためには自分で魚の下処理をしなければいけません。(魚屋さんに頼めばやってくれますが)
魚の下処理って難しそうで、切り身ばっかり買ってしまったりはしていませんか?

包丁もろくに握れなかった私でしたが、ライザップクックで包丁の握り方、魚のさばきかた等基本的な技術を教わり、今ではすらすらと魚を捌くことができるようになりました!
魚を捌けるのって、いかにも料理できる感じだし格好いいですよね!

是非、あなたも美味しいキンメ料理を作ってください!

レシピ紹介カテゴリの最新記事